赤ちゃんの乾燥肌対策本部 > デリケートな肌を守る方法 >  赤ちゃん用日焼け止め

赤ちゃんの肌を紫外線から守る!

かつてはビタミンD不足にならないように赤ちゃんには積極的に日光浴をさせましょうという指導がされていたんですが、今ではオゾン層の破壊の影響もあって極力、紫外線には当たらせないほうがいいということに方向転換しています。

赤ちゃん用日焼け止めについて

赤ちゃん用の日焼け止めの必要性や選び方

大いなる自然の恵みであった太陽光線もいまや「シミ」「シワ」「皮膚ガン」を引き起こす諸悪の根源のような扱いを受けています。もとをたどると人間がオゾン層を破壊して地表に降り注ぐ紫外線量が増やしてしまったことにも原因があるんですが、そこはあまり触れられません。

さて、そんな紫外線ですが健康に取っては不可欠なものではあります。日照不足だとビタミンDが不足することから様々な病気が生まれます。さらに免疫力や自然治癒力にも影響するといわれていますよね。

個人的には体内時計の狂いやうつ病といったことには日照不足はかなり大きく影響していると思っています。自律神経や脳内ホルモンの活動にはかなり日光は重要なんではないでしょうか。

赤ちゃんの場合、やはり強い紫外線は肌の負担になります。ただ、黄疸が強い子には紫外線を当てたほうがいいといいますよね。赤ちゃんのデリケートは肌に日焼け止めを塗りたくるというのも不安です。それもまた肌にとっては負担だからです。

なので、UVケアが必要なほど強い日差しのなかを長時間外にいるのを避けるというのがまず第一に考えることだと思います。紫外線の強い10時から14時の時間帯は外出を控えるというのは基本中の基本です。生後1年未満の場合、海や雪山にいくのも控えたほうがいいでしょうね。

また、UVケアも日焼け止めを使うのではなく、まずは長袖や長ズボン、帽子で肌の露出を減らし、ベビーカーの屋根で日光を遮断するということに取り組みたいところ。それから日焼け止めを使うことを考えましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めですが、赤ちゃん用のスキンケア用品を売っているブランドの商品ラインナップに連ねているのでそれを使うことになると思います。

● 2e Baby Plus(ドゥーエ ベビープラス) 
● NOV
● オルビス
● ファンケル
● ヴェレダ
● ションソンベビー

このあたりのブランドはSPF15から20程度・PA++程度の乳液タイプの赤ちゃん用の日焼け止めがあります。低刺激を重視しているので長時間の強い日差しのなかではあまり効果がない感じです。

赤ちゃんに日焼け止めを塗るのはかわいそうという意見もありますし、自分のように汚い肌で悩んでほしくないから徹底的に紫外線対策をするというお母さんもいます。この結果どうなるか20年後ぐらいに明らかになるのでそのときにまた赤ちゃんの紫外線対策については新しい指針ができているかもしれません。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·