赤ちゃんの乾燥肌対策本部 > 赤ちゃんの皮膚疾患 >  おむつかぶれ

赤ちゃんの肌と「おむつかぶれ」

おむつかぶれは、、医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おむつが当たる部分が赤く炎症を起こし、小さな発疹がブツブツとできて、赤くただれたようになります。

炎症した部分はかゆく、痛いため触ると泣きだす赤ちゃんも多いです。ひどくなると真っ赤に腫れてしまいますし、さらに悪化すると、ジクジクしてかさぶたがつくようになります。

おむつかぶれについて

おむつかぶれの原因と対策

おむつの中は湿度が高いため皮膚がふやけて傷つきやすい状態になりやすいです。

赤ちゃんの皮膚は薄く、バリア機能と皮脂膜がともに未熟なので、もともと外的刺激の影響を受けやすいわけですが、こうして皮膚がふやけると余計に外部刺激に弱くなってしまうので、おむつが当たる部位には小さな傷がたくさんできてしまいます。

おむつかぶれは、そうした皮膚がふやけて小さな傷がついた状態の皮膚に、うんちや尿に含まれる細菌や尿素、酵素などが入り込んだり、おむつの繊維やゴムや合成樹脂が刺激になることで炎症を起こして発症します。

そのため、おむつかぶれを防ごうと思ったらまずはおしりを清潔に保ち、乾燥した状態を保つということが大切になります。

最近のおむつは吸水性がいいからとケチってギリギリまで変えないという人もいるんですが、おむつかぶれを考えるとこまめに変えたほういいのは間違いありません。

うんちのときは、手間がかかりますが、座浴やシャワーでおしりをきれいに洗ってあげたほうが清潔さを保てますし、何よりこうすると赤ちゃんが気持ちよさそうにするんですよね。

そこまでするのは面倒だと、お湯に濡らしたタオルやティシュでゴシゴシお尻を拭いてしまうと、バリア機能を傷つけたり、皮脂を落してしまうのでかえって症状を悪化させるので逆効果ということもあるので注意が必要です。

旦那さんにおむつ交換を任せるとゴシゴシ洗いはやりがちなので気をつけましょう。

おむつかぶれの症状が出ていてもおしりをキレイに洗ってあげれば軽い症状ならすぐによくなるはずです。炎症が強かったり、なかなか治らない場合は、皮膚科に行って軟膏をもらうといいと思います。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·