赤ちゃんの乾燥肌対策本部 > 赤ちゃんの皮膚疾患 >  あせも

赤ちゃんの肌と「あせも」

基礎体温が高く、新陳代謝が活発で汗っかき赤ちゃんは基本的には暑がりです。大人にとっては丁度いい温度でも赤ちゃんにとっては暑いのか、汗をびっしょりかいていることがあります。

そのため、皮膚のシワに汗がたまり、いつのまにかあせもができているので注意が必要です。

あせもについて

あせもの原因と対策

「あせも」は誰でも経験がある症状だと思います。大人でもひざ裏やワキ下、腕の内側にできますが、赤ちゃんの場合は、おしり、背中、首まわりに発疹がブツブツできる出るのが特徴です。

あせもの原因ですが、汗をかいてそれをそのままにしておくと、肌にいる「表皮ブドウ球菌」という最近が増殖し、それが炎症を起こすのでブツブツとした発疹ができるといわれています。

赤ちゃんの場合は暑いと感じても自分で服を脱いだり、汗も拭けません。おむつまわりや布団と触れている背中は特に汗をかいて、ジュクジュクしているんですが、それを言葉にできません。

そのため親がしっかり様子をみてあげないといけないのですが、暑さに対する感受性の違いをつい忘れてしまうので、わざわざ赤ちゃんが一生懸命暴れてはだけた毛布をまたかけてしまったりしてしまうんですね。

赤ちゃんの体を冷やさないようにと衣服や温度に気を配るのはもちろん大切ですが、それ以上に赤ちゃんは暑がりだという認識を忘れないことが大切です。

あせも対策としては、赤ちゃんは大人より1枚薄着でいいという認識を持つことがまず1つ。衣類も吸水性にすぐれて刺激の少ない木綿を選ぶのがベスト。通気性のよいものを選びましょう。

夏など汗をかきやすい季節は、こまめに汗をふき取ったり、服を着替え冴えたり、シャワーやお風呂で汗を流すなどして、細菌を発生させないように常に清潔にするようにします。その際、抗菌剤を使うと細菌の繁殖を抑えられるのであせも予防になります。

皮膚を清潔にすることがとにかく大切です。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·