赤ちゃんの乾燥肌対策本部 > アトピー性皮膚炎 > 赤ちゃんの肌と「アトピー性皮膚炎」

赤ちゃんの肌と「アトピー性皮膚炎」

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー体質という遺伝因子を持っているところに、アレルゲン(ダニ・ホコリ・特定の食物等)といった環境因子が加わることで発症し、悪化するといわれています。

子供のアトピーの場合、1歳までに発症することが多く、成長につれて肌のバリア機能や皮脂膜がしっかり整ってくると症状が軽くなる傾向があります。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·