赤ちゃんの乾燥肌対策本部 > 赤ちゃんの皮膚疾患 >  アトピー性皮膚炎

赤ちゃんの肌と「アトピー性皮膚炎」

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー体質という遺伝因子を持っているところに、アレルゲン(ダニ・ホコリ・特定の食物等)といった環境因子が加わることで発症し、悪化するといわれています。

子供のアトピーの場合、1歳までに発症することが多く、成長につれて肌のバリア機能や皮脂膜がしっかり整ってくると症状が軽くなる傾向があります。

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎の原因と対策

肌の弱い赤ちゃんの肌に最も起こってほしくない皮膚疾患がアトピー性皮膚炎だと思います。

乳幼児期にあらわれるアトピー性皮膚炎の特徴としては顔や頭に現れやすく、皮膚が赤くなり、ブツブツやじくじくした湿疹の発生、皮膚がカサカサになったり、ボロボロと剥がれ落ちたり、硬くなるといった症状があり、強い乾燥とおもにかゆみを伴います。

こうした症状が一時的ではなく、2か月以上続くようならアトピー性皮膚炎で確定です。

アトピー性皮膚炎の場合、病気そのものを完治させる薬や治療法は今現在ありません。炎症がひどければそれを抑えるステロイド系または非ステロイド系の塗り薬を使う必要がでてきますし、かゆみが強ければ抗ヒスタミン薬など内服薬を服用する場合もあります。

また、悪化因子を除去して、皮膚を清潔にして保湿するスキンケアを毎日根気よく続けて皮膚の状態の改善を目標にします。

子供のアトピー性皮膚炎は成長するにつれて症状が軽くなっていくといわれますが、原因は体質によるものなので、症状がよくなったり、悪くなったりを繰り返しますし、治療に時間がかかります。

また、症状が落ち着いても完治したというよりは症状をコントロールしているといったほうが正しいので、治ったと思っていても大人になってからストレスをきっかけに再発することも珍しくありません。

アトピー性皮膚炎の治療にかんしては医師と相談しながら治療を行うことが大切です。民間療法の怪しい治療法などがたくさんありますが、いずれも根拠がなく、お金だけ毟り取られて効果がないものがほとんどなので決して自己判断しないようにしましょう。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·