赤ちゃんの乾燥肌対策本部 > 赤ちゃんの皮膚疾患 >  乳児脂漏性湿疹

赤ちゃんの肌と「乳児脂漏性湿疹」

新生児期から3カ月までの間は、赤ちゃんもお腹の中で黄体ホルモンの影響を受けていた名残で皮脂の分泌が非常に活発です。その皮脂のせいで湿疹ができるのが「乳児脂漏性湿疹」です。

乳児脂漏性湿疹について

乳児脂漏性湿疹の原因と対策

乳児脂漏性湿疹は生後1ヵ月目から3ヶ月頃までの皮脂の分泌が多い時期にあらわれる湿疹のことです。頭、額など、鼻まわりなど皮脂腺の発達している部位に現れることが多く、体にはできません。

赤ちゃんによって症状は異なり、赤い湿疹ができたり、黄色いカサカサしたフケ状のものに覆われたりします。なかにはジュクジュクして膿む場合もあってアトピー性皮膚炎と間違えることもあります。

乳児脂漏性湿疹は多くの新生児にみられるように特別な皮膚疾患というものではありません。黄体ホルモンの影響が薄れて皮脂が減ってくる6か月ごろになると自然に落ち着くものですし、乳児脂漏性湿疹になったところで心配しても疲れるだけです。

とはいえ、乳児脂漏性湿疹はできないほうがいいですし、できてしまったら早く治してあげたいもの。この時期、皮脂や汗で赤ちゃんの肌は汚れやすい状態になっているので、毎日の入浴で皮脂汚れをしっかり落として肌を清潔を保ってあげることが予防になりますし、ケアにもなります。

顔や頭を洗う際はゴシゴシ洗いは厳禁です。ベビーソープやシャンプーを使って優しく洗ってあげるようにしましょう。タオルで水気を取るときも擦らないように気をつけてください。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·