赤ちゃんの乾燥肌対策本部 > 赤ちゃんの肌が弱い理由 >  母乳育児とアレルギーの関係

母乳育児とアレルギーの関係ってどうなってるの?

肌の弱い赤ちゃんにとって一番なってほしくないのがアトピー性皮膚炎です。

血が出ても掻き毟ってしまうかゆみに苦しんでほしくないのはもちろん、アトピー性皮膚炎になると肌がゴワゴワになってしまうので見た目にもよくありません。女の子ならなおさらきれいな肌でいさせたいところです。

そんなアトピー性皮膚炎ですが「アレルギー体質の母親が母乳をあげるとその子供はアトピーになってしまう。」という話はよく聞きます。はたして、それは本当なんでしょうか?母乳育児とアレルギーの関係について紹介します。

母乳育児とアレルギーの関係について

母乳で育てると子供はアレルギー(アトピー)になる?

まず抑えておきたい基本知識としてアレルギー体質というのは遺伝するということです。

具体的には父母・祖父母のいずれかが気管支喘息や花粉症、アレルギー性鼻炎などアレルギーだという場合、赤ちゃんもアトピー素因を受け継ぐせいか、アトピー性皮膚炎を発症しやすくなるといわれています。

両親がそろってアレルギー体質の場合、子供には1/2の確率でアレルギー体質(アトピー素因)が遺伝するといわれています。ただ、その影響がすぐに出るのか、時間が経ってから出るか、アトピー・花粉症・喘息のどれで出るか、症状やその程度はまちまちです。

で、母乳とアレルギーの関係ですが、母乳を経由してアトピーが母から子に移るということはまずありません。正しくは、アレルギー体質を受け継いだ赤ちゃんが母乳に含まれるアレルゲン(特に卵・牛乳が多い)に反応してしまうということです。

そのため、母乳を止めて粉ミルクにしても、牛乳にアレルギー反応を示すようであればアトピー性皮膚炎を発症する可能性があるということです。母乳のせいでアトピーになるというのはちょっとズレているんです。

むしろ、母乳にはアレルギーを抑える成分が含まれているので、積極的に飲ませた方がいいです。しかし、母乳には微量ですが、お母さんの食べたものが含有されるので母乳をあげる間はアレルギーを起こしやすい卵や牛乳は控えたほうがいいというのが最近の主流のようです。

あとは、アレルギーを予防する為にも、生後8ヶ月ぐらいまでは母親の食事は高タンパク、高カロリーにならないようにした方が良いです。ちょっと大変ですが、これをするかしないかでは大きな違いがあるみたいです。

食物アレルギーだったり、アトピーの人はもともと食事内容に気をつけているはずなので母体にとってやさしい食事をとっていれば自然と母乳にとってもやさしい食事になっていると思います。

制限食については一度しっかりお医者さんに指導してもらったほうがいいと思いますが、赤ちゃんにとっては母乳というのはこのうえない栄養を含有したものですから、できるだけ母乳で育ててあげたほうが丈夫で健康な子が育つと思います。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·