赤ちゃんのデリケートな肌を乾燥から守る!

柔らかくて水分たっぷりでシミひとつない美肌の見本として扱われる「赤ちゃん肌」ですが、実際はまるでそんなことはなく、乾燥しやすいですし、刺激に対してもとても弱くすぐにかぶれてしまいます。

そのため新米ママは抱いていたイメージと現実のギャップにとまどってしまうこともしばしば。肌荒れし、赤く腫れてボロボロになった我が子の肌をみて泣いてしまう人もいるんじゃないかと思います。

そんな実はトラブルがちな赤ちゃん肌の原因を解き明かし、乳幼児の肌にあわせたスキンケア方法を紹介するのが当サイトの目的です。当サイトをすみずみ見てもらえればだいたい今抱えている我が子の肌の悩みは解決するはずです。

また、調べるのが面倒な赤ちゃん用のスキンケア化粧品や肌着についても代わりに調べておいたので買い物をする際にはぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんの乾燥肌対策本部のカテゴリ

赤ちゃんの肌が弱い理由

赤ちゃんの皮膚は薄い!赤ちゃん肌を保湿ケア母乳育児とアレルギーの関係肌への刺激・摩擦にも注意!

赤ちゃんの皮膚疾患

乳児脂漏性湿疹アトピー性皮膚炎あせもおむつかぶれ

デリケートな肌を守る方法

ベビーオイル・保湿クリーム低刺激な肌着赤ちゃん用日焼け止めお風呂・加湿器・ファンデ

皮膚科に行く前の予備知識

小児科or皮膚科どっち!?処方される保湿剤の種類ステロイドは使って大丈夫?皮膚科医推奨のスキンケア

ママの肌は乾燥していませんか?おススメサイト紹介

赤ちゃんの肌は成長途上であり、それが乾燥や敏感肌の原因になります。その一方で赤ちゃんを産んだママのほうもホルモンバランスの急激な変化や我が子の世話に追われてスキンケアが疎かになり、肌が乾燥したり、敏感になってしまうことが多いです。

大人の乾燥肌や敏感肌についての詳しい解説や基礎化粧品の選び方についてまとめたサイトがあるので、子供を産んでから肌が乾燥しやすくなったとか敏感になったなど肌質の変化を実感している方はチェックしてみてください。

【赤ちゃんの肌を守る3ステップ!】
赤ちゃんの肌を守るスキンケアは3ステップで行います。それは、「洗う!」「保つ!」「守る!」ということ。具体的にはシャンプーやソープを使って皮膚を清潔にし、ローションやクリームで肌を保湿します。また刺激から肌を守るための紫外線対策もとっても重要です。
大人の乾燥肌や敏感肌と違い、赤ちゃんの場合は皮膚がまだ成長途上であるがゆえに、かゆみ、赤み、ぶつぶつ、ひび割れ、ザラザラが起こってしまうという点がポイントになります。10歳ぐらいまでは老人以上に乾燥しやすく敏感なので肌に症状がでているようであれば保湿ケアに取り組んだほうがいいです。

Copyright © 2013 赤ちゃんの乾燥肌対策本部/アトピー・アレルギー・保湿ケアがわかる!· All Rights Reserved·